経営向上ヒント集

23.成長曲線を知ってますか。(その1)

みなさんは「たまごっち」というおもちゃをご存知でしょうか?

卵形のキーホルダーに画面がついており、その画面の中に登場するキャラクターにえさを与えたり、一緒に遊んだりして、そのキャラクターを育てていくゲームです。

1997年に発売され、あっという間に大ブーム。社会現象化し、手に入れることがほとんど出来ない状態にまでなりました。

そこで、発売元のメーカーは大増産を行いました。

そして「よし、大量出荷できるぞ。」と意気込んだ数ヵ月後、ブームはすでに過ぎ去っていました。

あっという間の出来事でした。

結局メーカーは多額の損失を出したそうです。

あっという間にブームになって、あっという間にブームが終わった…。

とても興味深い法則があるんです。

商品の販売個数や業績について、
[その商品の販売を開始してピークを迎えるまでの期間」と
「そのピークから商品が売れなくなる(お客さんから買ってもらえなくなる)までの期間」
は一致するそうです。

これをグラフにするとへの字の口の形みたいになります。

これを「成長曲線」といいます。

確かに音楽業界においても、一気に売れる曲はあっという間にブームが去り、演歌のようにじわじわ売れる曲はじわじわゆっくりブームが去っていくようです。

経営者はこの成長曲線を知っておいた方がいいと思います。

続きは(その2)をご覧ください。

PAGE TOP