経営向上ヒント集

37.決算書の見方(損益計算書編)

「決算書なんて、よくわからない。」という経営者の方が実は結構多いんです。なかには「見たくない・・・。」なんて人も。。
そこで、簡単な見方をご紹介します。前年比較の決算書(なければ、決算書を二期分でも十分です)をお手元にご用意してください。

1.もうかっているかどうか。
損益計算書の当期純利益を見てください。
これが大きければ大きいほど、もうかっています。
前年度と比べてどうだったのかも見てください。

2.どうしてもうかったのか?
次になぜ、もうかったのかを考えましょう。もうかっている状態というのは「売り上げ」>「経費」と言う事です。ということは、前年よりもうかっている場合、売り上げが前年よりも増えたか、経費が減ったか、またはその両方ということになります。
興味がわいてきたらその経費の中身(勘定科目)をチェックしてみてはいかがでしょうか?

いかがですか?簡単ですよね?
これだけ見てくれば、いいところや今後取り組むべき課題がみえてくるのではないでしょうか?
この勢いで事業計画を作ってもいいと思います。

PAGE TOP