経営向上ヒント集

9.売上は毎年増えないといけないのか?

資本主義は成長発展が前提として成り立っているしくみです。

よって、「毎年売上は増えていくのがいい。」と当然のごとく思っている方も多いようです。

事業計画書を作るとなると、
「売上 前年比10%アップ」
「純利益 前年比5%アップ」とかいうものばかり。 

本当に売上は増やしていくのがいいのでしょうか?

基盤が整っていて、人財もそろっている、応援してくれる人もいる、売上が増えても十分対応できるというならば、増やしていくべきでしょう。

しかし、売上が増えて業務量が増えた場合、なかなか業務がスムーズに進んでいかないかもしれない、クレームの処理もきっちりできなくなるかもしれない、お客さんに満足してもらえるか自信がないといった場合には、どうでしょうか。

売上を増やすことも大事ですが、会社の質を高めることの方が先だと思うのです。

会社の質を高めることなく、売上のアップばかりを目指すと、質がどんどん落ちていきます。

質が落ちたことによる信用の低下は売上のダウンに即つながります。
ですから、一時的に売上が増えても急激に落ちることも多いのです。

会社の質は売上に対して高いのかどうか、常に意識しておくことは大事だと思います。

PAGE TOP